安全定期点検のご案内

特に異常を感じていなくても、6か月に1度の定期点検をおすすめしています。(使用頻度が少なくて、保管状態が良い場合は1年に1度でもいいかと思います。)

自動車は車検が義務づけられていて、定期的な法定の整備がなされていないと公道を走ることができません。自転車の場合は車検制度はなくて定期点検はユーザーの任意による実施ですが、専門家の立場からすると、ぜひとも行っていただきたいと思います。

販売店によっては自店販売の自転車は一定期間、無料点検を実施してくれるお店もありますので、そういったサービスがあれば積極的に利用しましょう。

また、最近はトルクレンチなどの整備工具を所有してご自身で整備をされる方も増えてきています。整備に関する専門的な知識がある方でしたら、もっと短いスパンで安全点検を日頃からされていると思いますので、それが一番理想的です。

振動等によるネジ類の緩み、ケーブル類の伸びによるブレーキやシフトの操作のズレ、ブレーキパッドやタイヤのすり減り、回転系部品の摩耗、etc.  定期的なチェックを必要とする箇所は自転車のあらゆる部分です。調整だけでなく、消耗品の交換のタイミングが遅くなると、さらに状態を悪化させてしまうケースもあります。これらの箇所を定期的に点検することはとても重要です。

当店での実施基本料金は

安全定期点検…3,000円(税抜)

で承っております。シフト調整が必要なスポーツサイクルを前提とした料金設定ですので、一般車(シティサイクル)やシングルバイク(ギア無し仕様車)などの場合は実施基本料金 2,000円(税抜)となっております。『TSマーク』の加入も同時にできますので、ご希望があればお申し出ください。

  • 基本チェックリスト作業
  • チェーン注油
  • エア入れ
  • 消耗品交換時期のアドバイス
  • 修理必要箇所のアドバイス

※基本チェックリスト(PDFファイル)※

基本チェックリストの作業は、簡易調整作業を含む点検を実施します。操作に違和感を感じていない場合には十分な点検・調整の内容です。

ブレーキ&シフト周りの再調整作業が必要な場合には、もう少し本格的な調整作業の『セットメンテナンスコース D.クイック(6,000円・税抜)』をおすすめします。

安全定期点検は当日仕上げでお渡しできますので、お時間の都合等がありましたら、事前にご相談ください。

防犯登録、TSマーク、準備できました

※画像はイメージです








お待たせしました。

それぞれ当店の取扱い店申請手続きが完了して取り扱えるようになりました。

≪防犯登録の手続き方法は?≫

登録手数料金…500円(非課税)

登録手続きに必要なもの

  1. 登録対象の自転車本体
  2. ご本人確認(氏名・住所)ができる公的な身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  3. 購入したことがわかるもの(販売証明書、保証書など)、もしくは譲渡してもらったことがわかるもの(譲渡証明書など)

※お持ち込み自転車の登録には、上記の1と2は必ず必要になります。

※お持ち込み自転車の登録の場合に必要なものです。当店で新車購入時に登録の場合には必要ありません。

≪TSマークの加入手続き方法は?≫

TSマーク制度については(公財)日本交通管理技術協会のホームページをご覧ください。

加入費用…自転車の状態に応じた点検整備代金が必要になります。

規定された条件を満たした普通自転車が加入可能な制度です。

当店の点検整備費用について

安全点検の基本料金…3,000円(税抜)

※シフト調整等が必要なスポーツサイクルを前提にした料金設定です。シティサイクルの場合の基本料金は2,000円(税抜)です。基本チェックリストの作業を実施いたします。

※消耗品の交換や故障個所の修理が必要な場合は別途費用がかかります。

バイシクルサポート:自転車安全整備店 登録番号 B-30442002

※当店では赤マークのみの取り扱いになります。